• ホーム
  • 正しいクレンジング方法で透明感のある肌にする

正しいクレンジング方法で透明感のある肌にする

美人な人

正しいクレンジング方法を実践できている人はあまりいません。
メイク落としシートで拭き取るだけの人もいますが、できるだけ使わない方がいいです。
正しいクレンジング方法でメイクの汚れを落とせば透明感のある肌を手に入れられます。
クレンジングにはいろいろな種類がありますが、基本的なことは同じです。

まずクレンジングの前にはハンドソープで手を洗います。
雑菌が手についている状態で顔に触れると、肌トラブルが起こったりクレンジングの効果が発揮されなかったりするのでよくありません。

次はポイントメイクを専用のリムーバーで落とします。
ポイントメイクを先に落とさずに、ベースメイクとポイントメイクを一度に落とすのはやめましょう。
なぜなら、ポイントメイクがうまく落ちずに無理に落とそうとゴシゴシと強い力を加えてしまい肌への負担が大きくなってしまうからです。

クレンジングの使用量にも気をつけないといけません。
使用量が少ないとメイクが落としきれなかったり摩擦が起きたりする場合はがあります。
ですので、使用量は守らないといけません。

クレンジングを使う時は乾いた手で使います。
濡れた手で使えるものもありますが、基本的には乾いた手で使うほうがいいです。
泡立てるタイプのクレンジングなら手で泡立てるのではなく、洗顔ネットを使ってよく泡立てましょう。

洗う順番も大切です。正しい順番を知らない人が多いですが、まずは皮脂が多いTゾーンをやさしく洗います。
Tゾーンの次は頬で、その次は目元です。
そして、最後に口元を洗います。目元と口元は皮膚が薄くデリケートな部分なので、特にやさしく丁寧に洗わないといけません。

すすぐ時は30度から32度のぬるま湯ですすぎましょう。
30度から32度のぬるま湯を使うと余分な皮脂だけを毛穴から浮き出せます。
すすぎ残しがないように気をつけないといけません。

最後は清潔なタオルで優しく水気を取ります。
タオルでゴシゴシとこするように拭くと摩擦が起こってしまうので気を付けないといけません。
タオルで拭く時はやさしくポンポンと肌に当てて水気をとるといいです。

間違ったクレンジング方法について

間違ったクレンジング方法を続けていると肌トラブルが起きてしまうので良くありません。
間違ったクレンジング方法をしていないか確認することが大切です。

間違った方法で多いのがクレンジングの使用量です。
少なすぎてもいけませんし、多すぎてもいけません。わかっていても実践できていない人が多いです。
クレンジングの適量がわからずになんとなく使っている人は注意が必要です。
クレンジング代を節約したいと使用量を減らす人もいますが、肌に負担をかけてしまうのでやめましょう。

メイクを落とす時にゴシゴシこするように洗う人も多いです。
急いでいたり疲れていたりすると早くメイクを落としたいとついつい力が入ってしまうので気をつけないといけません。
クレンジングはやさしくメイクに馴染ませることが大切です。

クレンジングをしながらマッサージしている人はすぐにやめたほうがいいです。
クレンジングはメイクを落とすものなので、マッサージをすると肌に余計な負担がかかってしまいます。
ですので、マッサージをしたいならマッサージクリームを使いましょう。
クレンジングをしながらマッサージができるものもありますが、長時間のマッサージは肌に負担をかけてしまうので良くありません。
マッサージは1分もすれば十分です。

熱いお湯ですすぐと肌に必要な油分や水分まで洗い流してしまい乾燥する場合があるので注意が必要です。
夏は暑いからと冷水ですすぐ人もいますが、これもいけません。
冷水ですすぐと肌が冷えてしまい、乾燥や赤ら顔の原因になります。

間違ったクレンジング方法はすぐにやめて、正しいクレンジング方法を身に付けましょう。
毎日しっかりクレンジングができていれば、肌に透明感が生まれます。