• ホーム
  • 最近では男性も化粧水を使う時代になった

最近では男性も化粧水を使う時代になった

化粧水と言うと女の人が洗顔や入浴後、ファンデーションなどメイクをする前に使用するものという印象がありますが、最近では男性でも化粧水を愛用する人が増えてきています。
私達の肌の中にはセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿にかかわる成分がありますが、この量は年齢を重ねるにつれて生成量が減少します。
それを放置してケアしないままでいると肌がカサカサと乾燥することに加えて、肌の張りの低下やたるみに繋がってくるので注意が必要です。

さらにセラミドなどの保湿成分が減り肌が乾燥してしまうと、外からの刺激に過剰に反応を示しやすくなります。
その結果、痒みや痛みを感じやすくなったり、顔全体が薄っすらと炎症し、赤っぽくなることがあるので気を付けましょう。
このような肌が乾燥した状態は毛穴の開きも招きやすく、鼻やおでこなどでは毛穴の黒ずみとなる可能性があります。

これらをカバーするためにも、男性も洗顔や入浴後に化粧水を利用するのがお勧めです。
男性の肌は女の人よりもオイリー肌になりやすいという特徴がありますが、化粧水で水分を補うことで油分とのバランスが良くなるというメリットもあります。
保湿ができることに加え、肌のテカリを抑えることも期待できます。

肌のべたつきが気になる男性は、使用感がさっぱりとした化粧水を選ぶのがポイントです。
セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分にプラスして、ビタミンC誘導体配合の化粧水を利用すれば、さっぱりとした使い心地を得られるのでお勧めです。
ビタミンC誘導体はオイリー肌のケアにも最適で、毛穴の黒ずみ予防も期待することができます。
さらにメラニン色素の生成を抑えるという働きもあるので、化粧下地やファンデーションなどで日焼け対策しにくい男性にお勧めの美容成分でもあります。

男性が化粧水を利用する場合、洗顔や入浴後以外にもシェービング後に使うのも最適です。
シェービングで肌にかかった負担をケアすることができるので、痛みや赤みを軽減させる効果があります。

男性用化粧品の種類と効果

男性用化粧品には化粧水の他に、洗顔料や乳液があります。洗顔料は名前の通り、顔を洗う時に使用するアイテムです。
顔は汗やホコリ、アカや日焼け止めなどの汚れが付着しやすく、毛穴に溜まりやすいという特徴があります。
ですので毎日きちんと洗顔料で清潔にし、肌のコンディションを整えていくことが大切です。
さらに洗顔料で顔を洗えば、毛穴で雑菌が繁殖することが防げます。
これに加えて、その後に使用する化粧水や乳液などの化粧品の効果を高めることも期待できます。

男性用の洗顔料には石鹸タイプとフォームタイプの二種類がありますが、石鹸タイプのほうが洗浄力が弱く、肌にかかる負担が少ないというメリットがあります。
ですので汗などしっかりと洗い流したい時はフォームタイプ、朝に軽く顔を洗いたい時は石鹸タイプなど、状況や肌のコンディションにあわせて使い分けてみるのもお勧めです。

化粧水は肌に水分を補うという役割があります。
そのためセラミドやヒアルロン酸など保湿成分が配合されたものがお勧めですが、特に分子が小さく加工されたものを選ぶことで、肌への浸透率を高めることが期待できます。
化粧水の保湿効果を高めるためには、肌に1度つけるだけではなく、何回かこまめに使用するのもポイントです。

乳液は化粧水後に使用するアイテムで、肌に水分を補うと同時に潤いを閉じ込めるという働きがあります。
そのため化粧水と比較すると油分が多く、しっとりとした使い心地がするのが大半です。
男性の肌は油分が多いという特徴があるので、乳液をつけすぎると肌がべたつく場合があります。
ですので使用量を少なめにしたり、保湿成分が多く配合されているものを選ぶようにしてみましょう。