• ホーム
  • プラセンタで肌の若返りを期待しましょう

プラセンタで肌の若返りを期待しましょう

プラセンタとは胎盤から抽出したエキスのことですが、豊富な栄養素が含まれており、さまざまな効果が期待できます。
プラセンタ注射を活用した若返り治療が注目を集めており、興味を持っている人も多いでしょう。
また、若返りだけでなく、健康にも効果があると言われています。

プラセンタは美肌を手に入れたい人におすすめです。
使用するだけで若返ることができますし、病気に対する効果が高いことも人気の理由です。
メディアなどでも多く取り上げられていますが、その仕組みについても知っておくと良いでしょう。

なぜプラセンタが肌に良いとされているのか気になっている人もいるかもしれません。
その理由は体内に存在するコラーゲンやヒアルロン酸の元となる細胞を活性化させる作用があるためです。
また、細胞成長因子の働きにより、肌を若返らせることができるとされています。

コラーゲンやヒアルロン酸などの成分は若々しい肌を保つために欠かせません。
しかし、これらの成分は年齢を重ねるごとに減少してしまいます。
結果として肌トラブルが発生しやすくなってしまいますが、プラセンタを摂取することで体の内側から細胞や組織を活性化させることができます。
結果として肌の老化の原因を根本から改善することができるでしょう。

すぐには効果が出ないかもしれませんが、継続することで肌はハリや弾力を取り戻すことに繋がります。
また、この成分には肌の老化の原因となる活性酸素を除去する作用やメラニン色素を生成する酵素の働きを抑えるといった効果もあります。

肌は紫外線などのダメージを受けることにより、新陳代謝が低下してしまいます。
しかし、プラセンタには体の内側から肌の新陳代謝を高める効果がるため、外部のダメージで傷ついてしまった肌も修復できるということです。

年齢を重ねたら若い頃の肌に戻ることはできないと諦める必要はありません。
プラセンタを使用することにより、体の中から肌を再生することができますし、若々しい肌を取り戻すことができるでしょう。

プラセンタ治療を受けると輸血ができない理由

プランセタ治療を受けると輸血ができなくなると聞いたことのある人もいるでしょう。
サプリメントやドリンクの場合は問題ありませんが、注射の場合は献血ができなくなってしまうので注意が必要です。
サプリメントやドリンクの場合は豚や馬のプラセンタが使われており、これらの安全性についてはきちんと確認されています。
しかし、プラセンタ注射の場合はヒトの胎盤を原料としています。

プラセンタ注射は50年以上安全に行われてきた治療ですが、平成18年にはこの施術を過去に一度でも受けた人は献血ができないようになりました。
これはヤコブ病などの感染症の場合、献血の際に血液から検査する方法が実用化されていないためです。

以前より欧州への滞在歴のある人などは献血ができないこともありました。
また、プラセンタ注射の製材はヒト由来の臓器から製造されているため、ヤコブ病などの感染症の理論的なリスクが否定できないとして献血を制限するようになったということです。

今のところプラセンタ注射によってヤコブ病などの感染症に感染したという人は報告されていません。
また、プラセンタ注射で使われているプラセンタは、国内でエイズウイルスや肝炎ウイルスの検査が行われており、そのような病気にかかってしまうリスクはかなり低いとされています。

献血が出来ないと聞くと、自身が手術などをした時などに輸血を受けられないのではないかと心配する人もいるかもしれません。
しかし、プラセンタ注射を受けても輸血や点滴などは受けられるということです。

プラセンタ注射は副作用のリスクも低いですし、安全性の高い治療と言われています。
プラセンタ注射は皮下注射か筋肉注射によって行うものであり、静脈注射では効果が得られません。
場合によってはショック症状が起こってしまうこともあるので注意しましょう。