• ホーム
  • シミがない美肌にするにはトレチノインを試してみよう

シミがない美肌にするにはトレチノインを試してみよう

シミやシワなどの肌トラブルが気になる時に試したいのがトレチノインです。
トレチノインはビタミンA誘導体であり、元々体内に微量が流れていますのでアレルギー症状が引き起こされるようなリスクがありません。
新しい成分を試す時にはアレルギーによるトラブルの方が深刻になってしまうことも多いために慎重に導入することが大切ですが、かなり安全性の高い成分ですので幅広く利用されています。

どのように美肌に効くのかというと、肌につけることで古い角質を剥がすことができますのでピーリング効果が期待できます。
肌トラブルを抱えている時に古い角質がなかなか剥がれ落ちないといつまで経っても改善されませんので、強制的に剥がすことで活性化を促します。
ピーリング効果は衰え始めた肌のケアにも有効であり、一度荒れてしまうと改善されるまでに時間がかかるようになったという人に適しています。

表皮の細胞を分裂・増殖させて再生を促す働きもありますので、再生能力を高めてターンオーバーを正常化するのにも役立ちます。
生まれ変わる際に表皮の深い部分にあるメラニン色素を押し出すことができますので、シミがスムーズに改善されます。
再生能力が高まれば瑞々しい細胞を増やすことにもつながりますので水分を保持する能力が高まってシワも薄くなります。
ターンオーバーを整えることは美肌作りをする上で非常に重要なことであり、ある程度に年齢になると様々なトラブルに見舞われやすくなるのは生まれ変わりが滞っているからです。

コラーゲンの分泌量を増やすことで皮膚のハリを蘇らせて弾力をもたらす作用もありますので、いつまでも若々しい美肌を維持したい時に利用するべき成分でもあります。
最近では多くの化粧品にトレチノインが含まれるようになっていて、自宅で行う日々のスキンケアでも効果的な対策が行えるようになっています。
幅広い効能を持っていますので、様々な悩みにアプローチできる優秀な成分であることは間違いありません。

肌の漂白剤と言われてるハイドロキノンの効果と副作用

トレチノインと同じようにシミやシワに効果があるとされているのがハイドロキノンです。
ハイドロキノンはその作用の強さから「肌の漂白剤」とも呼ばれています。
肌につけるとメラニンの生成を抑えてシミを作らせないようにしますので、既にシミが現れている時の治療に使われることが多いようです。
予防をするのはそれほど大変ではありませんが、できてしまったシミを改善するのは大変なことですので、他の方法で試してみて効果が出なかった時に試す人も大勢います。

肌の漂白剤といわれるほどの効果がありますので、少し濃いシミにも対応できるのがハイドロキノンの特徴です。
美肌対策にもしばしば使われており、炎症後色素沈着や肝斑、そばかす、老人性色素斑に対して効果を発揮します。
皮膚の表面にできているものに対して効く成分ですので真皮におけるトラブルは解消できませんが、表皮内で起こっているトラブルならスムーズに改善できるのが大きな特徴です。

作用はとても強いのですが、気をつけなければならない副作用もありますので注意が必要です。
体質に合わなかったり劣化したものを使うと赤くなったり炎症が起こったりしますので、まずは肌に合うことを確かめてから導入して使用期限は守らなければなりません。
ハイドロキノンは安定性に難があって酸化しやすい物質です。

使用している時に紫外線を浴びるような機会があるとかえってシミが濃くなりますので、紫外線対策を万全にすることも必須です。
SPF値は最低でも20以上あるもので対策を行う必要があります。
また、高濃度のものを塗り過ぎると必要以上に白くなることもありますので、濃度が低いもので調節することも大切です。
5%以下ならトラブルはほとんど起こりません。