• ホーム
  • まつ毛育毛剤ルミガンの効果と価格について

まつ毛育毛剤ルミガンの効果と価格について

笑顔の女性

ルミガンはもともと緑内障のための治療として点眼薬用に開発したものです。
副作用として多毛化など報告され、長く・濃く・太くなるという結果世界初「まつ毛育毛剤」として利用されることになりました。
アメリカの厚生労働省にあたる機関においてその安全性が認められており、販売元が行った臨床試験によると使用した約80%の人が長く・濃く・太くなると効果が証明されています。
主成分のビマトプロストはまつ毛に塗ると毛胞を刺激しメラニン合成を活発にすることが可能です。
毛周期による成長期を延長することから毛の長さを伸ばすことができ、休眠状態にある毛胞を刺激することで毛をより太くすることができます。

メラニン合成が活性化されるのでまつ毛をくっきり濃くすることができ、さまざまなビマトプロストの効果からまつ毛が長く・濃く・太くなります。
このような効果を得るまで1日一回塗布する必要があり、個人差がありますが8週間~16週間後に実感することができるでしょう。
効果を持続するのにルミガンを継続して使う必要があります。

ルミガンの副作用にはいくつかあり、例えば充血やかゆみ、多毛化などがあげられます。
副作用はいくつか報告されていて、最も起こりやすいのは充血です。
敏感肌の人の場合はまぶたがかゆくなり荒れてしまう可能性もあるので注意が必要です。
何かしら異変を感じたらすぐに使用を中止しクリニックに行くことをおすすめします。

多毛化はまつ毛以外に薬液が付着したところから毛が生えてしまうという症状です。
ルミガンは日本で緑内障の薬として作られている薬で、緑内障などの治療剤ともラベルにあります。
効果もまったく同じで、使い方は簡単で毎晩寝る前1滴つけ、効果は次第に現れるので自然にまつ毛を増加することが可能です。

周囲の人にばれずに少しずつ毛の量を増やしたり理想の多さにすることができるので、幅広い世代の人が利用していて人気があります。
塗る際は目に気をつけて塗布しなければいけません。
価格は2000円程度から購入が可能です。

ルミガンを16週間後にはまつ毛の密度が変わってる

美容外科を利用するとまつ毛をアレンジすることができますが、自由診療になるので高額になるケースがあります。
継続して使用したいのであれば、美容外科で処方するのではなく通販でルミガンを買うと安いので利用してみるとよいかもしれません。
ルミガンを利用すると1日1回就寝する前に上まつげの根元などに薬剤を塗ると、長く太く濃いしっかりとした毛の状態に改善することが可能です。
有効成分であるビマトプロストはもともと緑内障治療薬としてアメリカで開発された薬で、アメリカのFDAにおいて認可されました。
適切な効能や効果・安全性などが認められており、毛を長くしたかったりボリュームを増やしたい人、パーマやエクステなどでまつ毛が傷んでしまった人におすすめの薬です。

特にエクステを継続したいけれども維持するのが大変な人におすすめします。
メイクをしなくても理想の魅力的な目元を手にすることができるでしょう。
人によって個人差はありますがだいたい8週間ぐらいほとんどの人に効果が現れ初め、16週間後最大の効果となるので実感することが可能です。
その効果を持続させるにはきちんと継続して使用する必要があります。
使用を途中でやめると数ヵ月かけて元の状態に戻っていくの注意が必要です。

まつ毛は他の毛と同じように一定の寿命があるので、発毛や脱毛を繰り返す仕組みになります。
これをヘアサイクルや毛周期と呼びルミガンに含まれるビマトプロスト成分が、毛のサイクルに作用し毛の成長期を延長するため、まつ毛を太く長く濃く育てることが可能です。
ルミガンは毛が短かかったり細い人におすすめで、まつ毛の量が少ないことを気にしている場合悩みを解決することができます。
毛の量がまばらなことを気にしているなら改善することができ、美容外科の自由診療を受けなくても自分のペースで量を増やすことが可能です。