• ホーム
  • まつ毛育毛剤ケアプロストの効果と副作用

まつ毛育毛剤ケアプロストの効果と副作用

キラキラ目

ケアプロストはまつ毛を伸ばす育毛剤として人気があります。
ケアプロストは医薬品にあたります。
どうすればまつ毛を伸ばしたり増やしたりすることができるのか、それを調べていくとケアプロストはもちろんのこと、ビマトプロストなどといったワードを目にするようになります。
ビマトプロストは緑内障や高眼圧症などに用いられる点眼薬に含まれる成分のことです。
色々な点眼薬にもビマトプロストが含まれています。
ケアプロストはジェネリック薬品になります。

個人差はありますが、まつ毛が伸びる効果は美容液と比較しても期待できる確立は高いです。
なんといっても医薬品に該当するためです。
効果が実感できる期間についても個人差はありますが、2週間ほどが目安になります。
意外に早い効果で驚く人も多いのですが、まつ毛は髪の毛とは違い短いため、その変化にも気づきやすくサイクルも早いためと考えられます。

ジェネリック薬品のためお値段がお手頃なのも嬉しいポイントになります。
しかし、ケアプロストは美容液とは違い医薬品のため副作用も感じるケースが多いです。

まつ毛の場合に多いのは、色素沈着になります。
ケアプロストの使い方はとても簡単です。
まつ毛ブラシで滴下して、1日寝る前に1度塗布します。
普段の使い方では色素沈着してしまうため、このような使用方法になっています。
そのため朝ではなく夜に使う、塗ってから15分くらいで洗うもしくはふき取る、ブラシや爪楊枝などの道具を使い、余分なところに付かないように、まつ毛の根元にだけ塗布するようにするなどの使用方法があります。
塗布した後にはふき取る、余分なところには付けないという工夫が必要です。

ケアプロストを使えばマスカラなんて必要がなくなるくらいに、まつ毛が伸びたなんて人もいます。
しかし間違った使用方法をすれば、目の充血や色素沈着(いわゆるシミ)などもあり美しい魅力的な瞳とは程遠くなってしまうため、注意が必要です。

ケアプロストはもともと眼圧を下げるための点眼薬

ケアプロストは緑内障などの眼科治療に用いられて使用していた人が、まつ毛が伸びたとの報告が相次いだため発見された効果です。
副作用として挙げられる症状は、目のかすみやゴロゴロするなどの違和感があります。
充血が酷くなると、角膜障害を引き起こすなども症例があります。
そのため緑内障や高眼圧症などで治療するための人と、まつ毛を伸ばす目的で使用する人とは、使用方法や副作用も違います。
実際に使用方法を間違えて使ってしまった人の中には、まつ毛が伸びる効果が現れる前に副作用のため使用をやめてしまったという人がいます。

高眼圧症や緑内障の治療薬には「ビマトプロスト」という成分が主に含まれます。
高眼圧症などの症状は、瞳の中の眼房水が多すぎると視神経を圧迫してしまいます。
結果視力低下につながるため、ビマトプロストで、眼房水を排出し眼圧を低下させるという効果をもたらします。
そのため治療目的でない人が使用すると充血や色素沈着、ゴロゴロするなどの副作用をより強く感じることになります。
これらの副作用にはビマトプロストの成分が関係していると考えられています。

ケアプロストは上手に使えば嬉しい効果が期待できますが、目に実際入ってしまうと眼球色の変化なども起こり得ます。
ケアプロストを購入する際には、できる限り信頼のできるお店や人から購入するようにしましょう。
それは前記しました通りケアプロストはもともとまつ毛のための育毛剤として、作られた薬ではないためです。
しかしまつ毛が実際に伸びたという、喜びの声はたくさん聞くことができます。
使用方法をきっちりと守りさえすれば、まつ毛を伸ばし魅力的な瞳へと、大変身できる可能性は高いです。